国際観光旅客税!?

Pocket

こんにちは(^-^)
サクセス会計 税理士の樋山博一です。

さて、来年1月7日以降の日本出国から課税される『国際観光旅客税』について、先月国税庁HPに、その詳細がQ&A方式で紹介されましたので、今回はその内容をご紹介します。

まず簡単に申し上げると、この税金は、旅行や出張などで日本国外に出国する場合、航空機や船舶の運賃に『1人あたり一律1,000円』を上乗せして支払うというものです。

一応『建前え』として、国がその税金の使途を明示しています。
(1)ストレスフリーで快適に旅行できる環境の整備
(2)日本の多様な魅力に関する情報の入手の容易化
(3)地域固有の文化、自然等を活用した観光資源の整備等

具体的に、何をどうするのかさっぱり分かりません。やりたい放題ですね。

『海外に行く余裕があるなら、1,000円ぐらい誰も文句は言わないだろう』としか読めませんが・・・

課税の際の具体的な注意点として、以下点が挙げられます。
●1月7日以降の出国であっても、それ以前に締結(購入)された運送契約による出国には課税されない。
●2歳未満の乳児は課税されない。
●クルーズ船などを想定し、国外の港に出国寄港後、国内の港に一旦帰国、再度出国する場合は、同一船であっても、2回出国と考え、2,000円徴収となる。

詳細は、国税庁HPhttp://www.nta.go.jp/publication/pamph/kansetsu/kanko/pdf/01.pdf
をご覧ください。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


経理・会計・税金 ブログランキングへ

Pocket

薩摩へ行って来もした(^-^)

Pocket

 


こんにちは(^-^)
サクセス会計 税理士の樋山博一です。

このGWに、鹿児島に旅行してきました。

「西郷隆盛」「大久保利通」「天璋院篤姫」ゆかりの地を訪ね、仙厳園を散策したり、資料館や記念館を見学、フェリーで桜島に渡り、指宿では砂風呂に埋まり、知覧の平和会館では、平和の尊さと戦争の愚かさを改めて感じたりと、充実した3日間でした。

私自身は、鹿児島に何度も足を運んでいるので、今回は、大河ドラマ『西郷どん』に夢中な歴史好きの息子に、自分の目と耳と肌で、色んな事を学んでもらおうと思って行って来ました。

久しぶりの鹿児島ですので、私も新しい発見をしたいと思い、司馬遼太郎氏の『翔ぶが如く』と宮尾登美子氏の『天璋院篤姫』を読み、かつ、DVDで宮崎あおいの10年前の大河ドラマ『篤姫』を完全視聴して、今回の旅行に臨みました(^^♪

基礎知識を得た上でその地に赴きますと、息子に色々教えてあげられる(大概のことは『知ってる』と言われてしまいましたが…)こともさることながら、同じ景色や資料、空の色や風の感じまでが、今までとは違ってくるように思いました。

旅の醍醐味はそういうところにもあるのかな…と感じた薩摩の旅でした。。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


経理・会計・税金 ブログランキングへ

Pocket

IT導入補助金の受付が始まりました

Pocket


こんにちは(^-^)
サクセス会計 税理士の樋山博一です。

さて今回は、先週20日から始まった『IT導入補助金』を紹介します。

これは、様々なIT導入を検討している事業者とそれを支援する事業者とをマッチングさせ、その投資にかかる費用の半分を、50万円を上限として国が助成するものです。

「ECサイトの構築を考えている」「POSレジの導入を考えている」などなど、IT関連の投資を考えておられる事業者、また、その支援を事業としているIT事業者の方は、検討されてはいかがでしょうか。

詳細は、https://www.it-hojo.jp/applicant/をご覧ください。

業種ごとに、自社に必要なIT投資の診断や、どのようなIT投資が対象になるかなど、詳しく紹介されています。

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


経理・会計・税金 ブログランキングへ

Pocket

退職金を2回貰える!?

Pocket

こんにちは(^^)
サクセス会計 税理士の樋山博一です。

新年度が始まって1週間が経ちました。

皆様は、何か新しい取組みを始められましたか?
私は、ジムでの筋トレを、週1ペースから週2~3回ペースに変更することにしました(^_-)-☆先週は3回行きました!

さて、私事はさておき、今回取り上げるテーマは『退職金』です。

中でも、中小企業の役員が、事業承継や会社運営上の理由から、「分掌変更」を行う場合に支給する『退職金』について解説します。

まず、「分掌変更」とは何かと申しますと、会社の役員(代表取締役や取締役)が、その地位や職務の内容が激変したことにより、実質的に退職したと同様の事情にある場合を言います。

具体的には、以下の場合がそれにあたるとされています。

●常勤役員が非常勤役員になったこと
●代表取締役が代表権のない取締役や監査役になったこと
●取締役が監査役になったこと
●分掌変更後の給与がおおむね50%以上減少していること

つまり、上記の要件を満たせば、「分掌変更時」と「完全退職時」の計2回、退職金を受け取る(会社側は計2回、損金計上して経費処理する)ことができます。

ただし、上記の要件を形式的に満たしていても、分掌変更後も業務内容に変更がなかったり、経営上主要な地位を占めているような、実態として退職していない場合は適用されません。

ですから、節税目的のみで行うのは危険ですので、注意してください。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


経理・会計・税金 ブログランキングへ

Pocket

協会けんぽの料率が変わります

Pocket

こんにちは(^-^)
サクセス会計 税理士の樋山博一です。

平成30年3月分(4月末引落し分)から、協会けんぽの健康保険料率が変更になります。

協会けんぽとは、中小企業等(健康保険組合のない法人や団体、事業所)で働く役員や従業員と、その家族が加入している健康保険ですが、その料率が3月分から変更になります。

この料率は、事業所のある都道府県によって異なるのですが、大阪府に事業所がある場合の保険料率は、0.04%上がります(*_*)

これを、労使折半で支払いますので、事業主負担と個人負担がそれぞれ0.02%ずつ上がります。

都道府県別の料率は、下記サイトを参照してください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3130/h30/300209

これを見ますと、都道府県ごとに、かなり料率にばらつきがあるのが分かります。
1人あたりの医療費の違いが、色濃く反映されているのだと思います。

このまま高齢化が進みますと、ますます医療費が増大し、この保険料率も年々上がっていくのではないかと心配になります。

冗談みたいな話ですが、将来は、健康保険料率の低い都道府県に、本店を移転する会社も出てくるかも知れません(‘ω’)

因みに、40歳以上65歳未満の方のみが負担する介護保険料率は、全国一律で0.08%(労使0.04%ずつ)下がりました。

また、厚生年金の料率に変更はありません。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村


経理・会計・税金 ブログランキングへ

Pocket